矢野式ぬか床とは、十数年研究、開発を重ねているとき、今から約十年ほど前に教えた方が
「北九州小倉・糠床糠炊き研究会」を立ち上げ、ぜひ顧問にと誘われた事から工学博士や
農学博士、医学博士、生物資源学博士達と共同研究することで塩分濃度、phがどうだとか
色んな事を学ばせて頂くうちに独特なぬか床が出来上がりました。
他に類を見ない独特な水分量やぬか床を混ぜた時の手の香り(ラクトン)がフルーツの臭いが
すること、青魚を炊いた時に生臭さを飛ばすために大半の方が使用する酒、味醂などを使用
しなくても生臭さがしないぬか床それが「矢野式ぬか床」です。
「ぬか」にはビタミンE(抗酸化作用)、食物繊維(整腸作用)、鉄分や葉酸(ミネラル),ビタミンB1
等の豊富なビタミン群が含まれていてすべての栄養素の9割以上がありスーパーフードです

研究会の顧問の農学博士が大学から研究費用が出たからと矢野式ぬか床を持ち帰り乳酸菌の研究を行った結果、乳酸菌が非常に協力で胃酸、腸酸に耐えて体外に出てくる乳酸菌の量が非常に多いという研究論文が発表されています。腸を制する者はすべてを制すると言われ体の健康は腸からは昔から言われている事です、自分の健康、家族の健康は腸から始まることを忘れないようにして下さい。

下の動画の最初の部分でぬか床の表面が白くなっていますが、これが「産膜酵母」と言います、これはぬか床を美味しくするもので必ずぬか床に混ぜ込んで下さい。産膜酵母が張るぬか床は健康なぬか床の証明でもあります、自信を持って良いぬか床です。


表面の白いものは産膜酵母です

毎日のぬか漬け摂取で整腸作用
便秘にも絶大な効果があり


お勧め漬け野菜

漬け方などの質問も承ります 質問はこちら

News